Perun V2 HYBRID

 

HB_V2_BW photo 1.png

 


製品概要


 

通常の物理式メインスイッチをPERUN HYBRIDに置き換える事により、極めて高度な制御を行うことが出来ます。

これにより、セミオートレスポンスを飛躍的に向上させる「プリコッキング」、モーターにブレーキを掛け瞬時に作動を停止させる「アクティブブレーキ」、バースト機能、バッテリー保護機能など、その他様々な機能が付加されます。

 

HB_V2_BW photo 2.png


標準で通電効率に優れたケーブルとTコネクタを装備しており、MOSFET回路により通電効率が格段に向上し、セミオートのレスポンスやフルオートの連射速度がアップします。

もちろんスイッチ焼けの心配はありません。

 

安全性の高い電子ヒューズ・自己診断機能を搭載しており、物理ヒューズ装着の必要がありません。

 

リポバッテリーの電圧低下を検知するアラームも搭載しています。

 

AQ8I7883 - コピー.jpg


各モードの切り替えや設定はセレクター操作とトリガー入力で行います。

プリコッキングやアクティブブレーキ、バースト設定は項目ごとに細かなレベル設定が可能で、基板に搭載されたLEDで設定状態が確認できます。

 

万一設定状態が判らなくなった時のため、マスターリセット機能も搭載。初めから再設定が可能です。

 

 


機能説明


 

 【射撃モード設定(FIRERING MODE)】

セーフティ、セミ・2-5点バースト、フルオートの各射撃モードを、セミ/フルの各セレクターポジションに、任意に割り当てることが可能です。

バースト射撃については、トリガーを1度引くと必ず指定された弾数が発射されます。

 


 

 【アクティブブレーキ機能(AB)】

モーターを制御し、射撃後の慣性を強制停止させ、セミオートのキレをアップさせます。フルオートで射撃を行う場合、指を離した瞬間に射撃が停止するので、トリガーフィーリングが向上します。

ピストンが安定して前進停止するようになるので、スプリングのヘタリも防ぐことができますが、モーターに負荷が掛かるので発熱や摩耗が発生します。環境に合わせて1-5段階で強度設定が可能です。耐熱性の高いハイトルクモーターとの併用が推奨されます。

 


 

 【プリコッキング(PRE COCKING】

ピストンを最後退位置で保持し、セミオートのキレを最大限にアップさせます。

トリガーを引くとすぐにピストンが前進するので、エアコッキングガンのようなトリガーフィーリングになり、高スペックモーターと組み合わせることで異次元のレスポンスを実現します。
この機能をONにすると、自動で最適な強度のアクティブブレーキが掛かるようになります。

メカボックス内の各パーツに負荷が掛かりますので、使用には総合的な強化が必要になります。

 


 

 【バイナリーショット(BINARY TRIGGER)】

トリガーを引いた時、及び戻した時にそれぞれ1発ずつ射撃が行われます。

この機能はセミオート射撃設定時のみ有効になります。

 


 

 【2ステージトリガー(2-STAGE TRIGGER)】

トリガーを浅く引いた時と、続いて奥まで引いた時に、それぞれ異なる射撃モードを設定することができます。ステアーAUGのようなトリガー操作を再現できます。

 


 

 【トリガー感度調整(TRIGGER SENSITIVITY)】

トリガーをどこまで引くと発射されるか、の感度を調整します。感度を高くすると、引き始めからすぐに発射されるようになり、感度を低くすると、奥までトリガーを引かないと射撃されないようになります。

 


 

 【アダプティブトリガーコントロール(ADAPTIVE TRIGGER CONTROL)】

セミオート射撃時に、僅かなトリガーの戻りを検知して次弾を発射できるようにする機能です。

一度トリガーを引いて発射した後、完全にトリガーを戻さなくても、僅かな前後操作を読み取って次弾を発射できます。

この機能はトリガー感度調整を高くすることで、より効果を発揮します。

 


 

 【発射サイクル抑制(ROF REDUCTION)】

バースト、及びフルオート時の連射サイクルを抑制します。

電動ガンのサイクルが早すぎる場合や、BB弾の消費を抑えたい時に有効な機能です。

PERUN HYBRIDでは、この設定は初弾のレスポンスに影響を与えません。

初弾のレスポンスを低下させることなく、純粋に発射サイクルのみを抑制できます。

 


 

 【DMRモード(DMR MODE)】

実銃のように1発をじっくりと狙うスナイパーを再現するシミュレーションモードです。

トリガーを1度引いた後、次弾を発射できるようになるまでの動作不能時間を設定します。狙撃の緊張感をお求めの方に適した機能です。

別の使用方法として、バンプファイアを防止するために使用することもできます。この機能を有効にすると、射撃モードはセミオートに固定されます。

 


 

 【リポアラーム(LIPO ALARM)】

リポバッテリー接続時のみに作動し、1セルあたり3.7Vまで電圧が低下したことを検知するとビープ音で知らせます。

7.4V/11.1Vリポバッテリーで使用可能です。オートカット機能ではありませんので、警告後には速やかにバッテリーを交換してください。

 


 

 【電子ヒューズ(ELECTRONIC FUSE)】

物理ヒューズよりも圧倒的に反応速度の早い電子ヒューズを搭載しており、電動ガンでトラブルが生じた際にも基板を保護します。

 


 

 【DSGモード(DSG MODE)】

DSG(ダブルセクターギア)の特殊な形状を、センサーで正しく読み取るための機能です。

当機能を有効にすることで、DSG使用時の動作安定性を高めることができます。

 


 

 【マスターリセット(MASTER RESET)】

設定を工場出荷状態にリセットします。設定を全てやり直したい場合に使用します。

 


 

 【高効率Tコネクタ仕様(DEANS CONNECTOR】

定格50Aと通電効率に優れたTコネクタ(ディーンズコネクタ)を採用。発熱を抑え、レスポンス・サイクルアップに貢献します。

 



 


製品仕様


 

【対応電圧】

7V-17V(最大値)


【対応バッテリー】

・LiPoバッテリー(2-4セル:7.4-14.8V)
・LiFeバッテリー(3-4セル:9.9-13.2V)
・NiMHバッテリー(8-10セル:9.6-12V)


【対応サイクル】

毎秒50発未満(参考値)


 


組み込みに注意が必要な機種


 

〈組込不可の機種〉

・ARES EFCS機種

・ICS SSS機種

・APS SDU機種

・PTS N-23

・G&P I5メカボックス機種

・DMT、Arcturus等のマイクロスイッチ機種

・SBD付きの機種(SBDとの併用はできません)

・KSC/KWA製電動ガン

・BOLT製M4系など、リコイルショック機能付きの電動ガン

・セレクターの角度が90度のもの

 

〈加工等が必要な機種〉

・KRYTAC AR15系(メカボックスの削り加工)

・G&G G2メカボックス系(メカボックスの削り加工)

・G&G SR25系(セレクターのフルオート加工)

 

〈その他〉

・G&G ETU機種(トリガーの交換が必要です)


 


注意事項


 

■組み込みについて

記載のスペックはあくまでも基板の許容値を表したものです。組み込む電動ガンにトラブルがなく、各ギアのクリアランス調整や、パーツ選定が確実に実施されていることが前提となります。

各パーツの不適切な組込によりメーカーの想定を超える負荷が生じた場合や、バッテリーの逆接続を行った場合などは安全回路が作動せず、基板が破損する可能性があります。

個人の組込による破損は一切の保証対象外となりますので、作業に少しでも不安のある方はプロショップへの組込をご依頼ください。

組込に知識と技術を要する製品ですので、機種別の組込サポートは致しておりません。

組込には一定の収納スペース、配線スペースが必要です。

基板は熱に弱いため、配線の交換は行わないでください。配線を損傷させた場合、新しいユニットに交換してください。


■市販の変換コネクタについて

バッテリーの接続には変換コネクタを使用しないでください。

近年、大手ECサイト等で「Tコネクタ→タミヤミニコネクタ」への変換コネクタが販売されておりますが、正負の極性が逆転したものが多く流通しております。

このような製品の使用は一瞬で基板を破損させますので、どうしても変換コネクタを使用したい場合は、「当店が販売している商品」を関連商品よりご購入ください。

変換コネクタを使用した場合のトラブルには一切対応いたしません。また、変換コネクタの使用時にこの問題が生じることもありますので、バッテリーは極力ダイレクトに接続してください。


■Tコネクタの相性問題について

Tコネクタの相性問題が生じる場合があります。コネクタ端子は必ずメーカー品を使用し、ノーブランド品は使用しないでください。「イーグル模型」「LayLax」等のブランドのTコネクタを推奨しております。